有限会社下館サイン

0296(24)4077 営業時間: 月~土 8:00~17:00

看板の費用は何で決まるの?費用の違いはどこにある?

看板を設置しようとして何社か見積もりを取ってみたけれど、費用が全然違う!と驚いたことはありませんか?同じ依頼をしたのに、なぜこんなに違うんだろう?一見同じような内容なのに、なぜか看板の費用が違う理由を看板のプロが解説します!

看板の費用が違うのは、訳がある!

看板を設置しようと思ったら、いくつかの看板業者に見積もりを依頼されると思います。そんな時、業者によってかなり値段が違って驚かれたことはありませんか?「同じ内容で依頼したのにどうしてこんなに違うんだろう?同じなら安い方がいいし」と、価格重視で考えてしまう前に、いくつか確認しておかないといけないポイントがあるのをご存知ですか?

そこで今回は、看板のプロによる、費用の違いがなぜ発生するかをポイントごとに解説。見積もりに記載された費用だけでなく、しっかりポイントを確認したうえで、納得のいく看板を作りましょう。

看板の費用の違い その(1) 素材の違い

看板の費用の違いで一番大きいのは、使用している素材の違いです。看板は使用する素材によって、経年劣化に違いが出ます。短期使用の看板なのか、長期設置をする看板なのかによって選択する素材が変わりますので、見積に記載されている使用素材はしっかり確認しましょう。また、同じ外径の鉄骨や支柱を使用していても厚みが異る場合があります。同じ外径でも厚みが異なると強度や耐久性が変わってきますので、使用する素材は名称だけでなく厚みなども合わせて確認してください。

素材:鉄骨

看板の費用の違い その(2) プリントの違い

看板の面板へのプリントは、看板の顔ともいえるもの。美しい仕上がりであることはもちろん、耐久性も重要ですよね。看板の面板のプリントにはグレードがあり、1年程度で劣化してしまうものから10年以上耐えるものまで様々で、それぞれ価格も異なります。

面板の費用は、プリントシートの種類の違いによっても異なります。プリントシートの主な種類は、カッティングシートとインクジェットプリントシートがあります。

カッティングシートは切り抜きなどの工程が増える為、インクジェットシートに比べると費用が高くなります。ただし、カッティングシートはインクジェットシートと比べると劣化のスピードが穏やかという特徴があり、ラミネート加工をすることでさらに耐久性を上げることが可能です。

カッティングシート

【カッティングシート】

インクジェットシートの場合は、カッティングシートと異なり、グラデーションや写真を用いたいときに用いられます。ただし、材質によっては最適な印刷方法があり使用するインクが異なるため、値段が1.5~2倍になることもあります。インクジェットシートの場合は、亀の甲羅のようなひび割れなどの劣化が比較的短期で突然起こるのが特徴です。長期使用する看板の場合は、高品質のシートにラミネート加工を施しておくことが大切です。

インクジェット

【インクジェット】

このように、面板のプリントに関わる費用は使用用途や期間、素材などで大きく変わります。疑問がある場合は、使用している材質や、種類、耐久年数などもしっかり確認しておくことが重要です。

看板の費用の違い その(3) 設置方法の違い

看板の設置方法に細かい規定はありません。そのため、簡単に設置して終了してしまうケースもあれば、しっかりと基礎工事を行ったり、専用の金具で補強するケースもあるため、大きく費用が異なります。

設置方法

でも、費用が安いからといって、簡単に設置してしまうのは危険です。簡単な固定で済ませてしまうと、台風などの自然災害で倒壊や破損の原因となり、大事故を引き起こす可能性があるからです。しっかりとした設置方法を選択しているか、忘れずに確認してください。

安心して理想の看板を作ろう!

今回は、看板の費用の違いについてご紹介しました。実は、一度設置してしまうと、私たち専門業者でも見た目では、材料やプリントの違いは一見下だけではわかりません。でも、時間の経過や、台風の上陸があったときに、大きく差が出てしまうのも看板です。看板を作るときには、価格だけでなく、経年劣化のスピードはもちろん、安全面なども考慮しながら業者を選択することが重要です。安心して理想の看板設置できるよう、しっかりと吟味していただければ幸いです。

プロフィールPROFILE

代表取締役:野口 均

代表取締役

野口 均

1968年
下館市にて生まれる
1989年
下館サイン入社
1995年
代表取締役就任
2018年
関東地区屋外広告業組合連合会 特別熟練技能者賞 受賞