有限会社下館サイン

0296(24)4077 営業時間: 月~土 8:00~17:00

看板の照明にはどんなものが?設置時の注意点も合わせてご紹介します

看板で店舗をアピールするために、照明は非常に重要なもの。その看板の照明には、大きく分けて二種類あるのをご存知ですか。また、看板には「必ず照明を付けるべき」ものがああります。でも、ルールや手段を間違えると、せっかく設置した看板を撤去しなくてはならないことも。そこで今回は、看板の照明の種類から、設置時の注意点までを看板のプロがご紹介します。失敗しない看板照明を選んで、上手にお店をアピールしましょう。

看板の照明の種類とメリット、デメリット

看板の照明には、大きく分けて二つあります。一つは、内照式看板。そしてもう一つは、外照式看板。それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

内照式看板

皆さんが街中の店舗で多く見られる、看板本体が光っているもの。それが「内照式看板」です。

「内照式看板」のメリットは、なんといってもよく目立つこと。特に、夜には目につきやすく、屋外の通りすがりの人にもお店の存在をアピールすることができます。また、次にご紹介する「外照式看板」と比べてムラなく発光するうえ、内側に照明があることでライトを支えるアームが不要で、スッキリした見た目になります。

デメリットは、次にご紹介する「外照式」に比べ、コストがかかるという点。構造が複雑なため、設置費用もかかるほか、メンテナンス費用も外照式の1・5倍ほどかかります。メンテナンス費用を抑えるためにもLEDを使用するなどの工夫が必要です。また、既存の看板を内照式に変更することはできません。既存の看板を取り外し、新たに設置することが必要です。

外照式看板

設置された看板にアームを使い、LEDなどのスポットライトなどで外側から照らすものが「外照式看板」です。店舗はもちろん、屋外の照明付き野点看板などでよく見かけるタイプです。

「外照式照明の」一番のメリットは、条件さえ合えば、どんな大きさ・素材の看板でも照らすことができることです。また、内照式看板に比べてメンテナンスがやりやすく、費用が少なく済むことが多いのも特徴です。最初に照明をつけていなくても、後から照明をつけることもでき、比較的導入しやすい照明看板といえるでしょう。

デメリットは、アームなどのスポットライトの部分で看板を隠してしまうことがあることです。新規設置の場合は、デザインに注意しましょう。また、内照式に比べてアームなどの露出部分があるので、スッキリさに欠けることも。さらに、アームがお隣との境界にはみ出る恐れがありますので、事前に確認しておくことも重要です。想像以上に場所をとるので、境界線の確認と共にスペースが確保できるかどうかも、しっかり検討しましょう。

照明を付けるべき看板とは?

夜も営業している店舗の看板は、照明が必須!特に飲食店などでは欠かせないものといえます。例えば、ビルのテナントの上層階に飲食店が入っている場合、下から見上げても店舗名やサービスが伝わるように、照明付きの看板を設置することは非常に有効です。また、夜間営業をしていない店舗でも、夜に屋外に設置された照明付きの看板を見て昼間に来店されるというケースもあります。

また、店舗用ではなく広告として看板を使う場合は、夜間も人の目に留まるように照明は必須。周りが暗いことが多い郊外では、特に効果的です。照明付きの看板で、夜間でもしっかりと店舗やサービスをアピールしましょう。

看板に照明を付けるときの注意点は?

まずは、どこから電気を持ってくるかが重要です。ビルのテナントなどの店舗では看板近くのコンセントを使用するなど、比較的簡単に照明の電源をとれることが多いと思います。その際には、電気器具全体の容量がオーバーしていないか確認をしておくと安心です。屋外に設置する照明付きの野立て看板などの場合は、電柱から電気を直接引いてくる必要があります。電気を引くには電気工事資格者による工事が必要です。

また、田畑などの土地を借りて看板を立てることもありますが、夜に照明を付ける場合は借地代に合わせて、保証料が必要となる場合があります。(地主によっては、保証料をもらっても、作物の生育に影響があるため、照明は不可ということも)季節によって日没の時間が違うため、タイマーを付けて時間の調整をしっかりと行うことも必要です。費用は掛かりますが、調整不要のタイマーもあるので、予算に応じて選択することができます。

最後に!看板の照明を設置するためのまとめ

店舗やサービスをアピールするために、効果的な照明付きの看板。看板を取り付ける場所や用途によって様々な注意が必要です。ここでもう一度、照明付き看板の種類と注意点を確認しましょう。

  • (1) 内照式看板

    街中で多く見られる、看板本体が光っているもの。特に夜間は目につきやすく、屋外を歩く人にもアピールが可能。照明が内蔵されているので、ムラなく発光し、すっきりとした見た目になる。ただし、外照式と比べ、設置費用・メンテナンス費用がかかるため、照明器具をLEDにするなどの工夫が必要。既存の看板への後付けはできない。

  • (2) 外照式看板

    看板にアームを使用して、スポットライトなどで外側から照らすもの。内照式に比べてコストがかからず、既存の看板への後付けが可能。ただし、場所をとるので、スペースの確保や境界線の確認が必要。アームが、看板のデザインを隠してしまう場合があるので、新規設置の場合はデザインに気を付ける必要がある。

内照式、外照式ともに、日中・夜間共にお客様にアピールするのに最適な看板です。特に、多くのライバル店が集まる繁華街や、多くの交通量がある街道沿いの大型看板などは、照明のあるなしが効果を左右します。ご予算や、目的に合わせて上手に照明付き看板を活用しましょう。

なお、新規で照明付き看板を設置する場合は、電気工事資格者による工事が必要な場合があります。また、屋外に設置するものなので、経年劣化しにくい素材選びや印刷手段、設置した看板の安全性の確保などが必要です。屋外に看板設置を検討する際には、看板専門業者に相談しましょう。

プロフィールPROFILE

代表取締役:野口 均

代表取締役

野口 均

1968年
下館市にて生まれる
1989年
下館サイン入社
1995年
代表取締役就任
2018年
関東地区屋外広告業組合連合会 特別熟練技能者賞 受賞